【ご挨拶】”教える”を武器にする!への想い

【ご挨拶】

ご自身でお教室運営をされている先生、

『自分なんて大した賞歴もないし・・』と、お月謝設定に悩んではいませんかー?

 

 

また、実は音楽のお仕事をやりたいけれど、、

『私レベルは、お金をもらう資格なんてない』と、技術を眠らせてはいませんか?

 

 

音楽で食べていけないのは当然。

”好きなこと”と”食べていくこと”は別。

そんな風にどこか諦めてはいませんか?

 

 

 

私もかつてはそうでした。

 

 

 

私たちは、幼い頃から膨大な時間とお金とエネルギーをかけ、
必死で切磋琢磨し、音楽を学び、技術を磨いてきました。

しかし、せっかく身につけた技術、開花させた能力、
学校や現場で学んできた知識や経験・・
これらを活かして仕事ができている人は、果たしてどれだけいるでしょう。

 

私たちの中には、音楽を学び、技術を磨き、
常に自分と向き合って得たものがきちんと蓄積されています。

演奏にお金を払うか、否かー。
あなたに賞を与えるか否かー。
それは”他人”が決めること。
あなたはすでに十分やってきて、
努力をした結果”現在(いま)”があるのです。

 

かつて自宅でピアノやバイオリンを教えることは、
主婦業の片手間、お嬢様業などと言われた時代もありました。

 

 

でもー

”教える”という仕事は、そんな生易しいものではないことを
ここをご覧になっている先生方はすでにご存知だと思います。

 

自分を選んで通ってきてくださっている生徒さんのために。

地域でますます愛される教室になるために。

そして何より自分自身の大切な教室を長く長く続けていくために。

 

一緒に”先生力”を磨いていきましょう!

 

現在ご提供中のメニュー
*講師業の方、講師業を始めたい方対象です。